季節によって違う肌ケアの基礎知識

化粧水

一年中同じスキンケアをしていても、肌を十分に守ることはできません。季節ごとに違うスキンケアを行うことで、正しくスキンケアを行いましょう。

四季それぞれのスキンケア、例えば春におけるスキンケアは、なんといっても花粉から肌を守らなくてはなりません。

そのため、洗顔や手洗いだけでなく、帰宅時にはシャワーを浴びることをオススメします。花粉は目には見えませんが、想像以上に体にまとわりついているもの。しっかりと洗い流しましょう。

次に、最も気をつけなくてはならないのが、夏と冬におけるスキンケアです。夏は紫外線、冬は乾燥と、明確な肌の天敵が存在するため、必ずそれぞれの合わせたスキンケアを行いましょう。

夏は日焼け止めを必ず塗っておき、本格的な夏が始まる前から紫外線に備えておきます。また、冬の乾燥対策は、やはり保湿です。ただ顔を水に付けるだけでなく、内部の角質層も潤いを保つように化粧水などを駆使しましょう。

特に、紫外線をまともに浴びがちな頭(頭皮)は特に気をつけるべきですね。紫外線による乾燥で頭皮がダメージをうけ、汗やアレルゲンなどの刺激で頭皮にかゆみや炎症が起きることがあります。

最後に秋ですが、意外と油断しがちな季節です。夏から冬にかけてスキンケアの移り変わりが難しい時期なので、湿度などを確認しながら臨機応変に対応しましょう。

■気をつけたいお肌とストレスの関係

肌に影響を与える要因として、ストレスは見逃すことができません。スキンケアに気を遣っていても、ストレスが原因で肌が荒れることは十分に考えられるのです。

ストレスが肌に与える影響としては、まずニキビが挙げられます。思春期ニキビとは違い、ストレスなどから発生する大人ニキビは少々厄介で、ストレスを軽減する他ありません。

毛穴も詰まってしまいますし、肌にとっては百害あって一利なしと言えるでしょう。そして、肌のトラブルを呼び込みやすくなるのも、ストレスの影響です。

本来、肌を守る要素としての機能が衰えてしまい、肌の免疫力を弱めてしまうのです。そうなると、紫外線や乾燥の影響を強く受けるようになってしまい、荒れやすい肌の元となるのです。

肌におけるストレスというのは、単にプレッシャーを指すものではありません。睡眠不足から来るストレス、食生活の乱れなど不健康な生活もストレスに含まれるので、内側からの肌への刺激を避けて肌を守りましょう。

あなたは正しい?美顔器の基礎知識と使い方

美顔器

普段利用している美顔器には、置くまで浸透する効果がありません。

そのため上面だけをマッサージするので、思っていた以上に代謝が上手く行っていないのです。更なる代謝を上げるために利用するのが、超音波美顔器であり、超音波の効果で肌の奥へ代謝を促す効果が得られます。

超音波は人には聞こえないくらいの周波数を持っており、これは肌の奥にまで届きます。肌の奥にある古い角質を全て取り除くことで、肌の新陳代謝を高め、綺麗な肌を維持出来るようにします。

超音波美顔器にしかできないメリットであり、超音波の奥にまで入り込む性質があるからこそ、色々な部分に高い効果が得られるのです。

こうして普段対応できない部分にまで対処できるようになり、どんどん綺麗な肌を作ることができます。

代謝効率をよくするためには、超音波美顔器を利用することが望ましいですが、やや費用が高い問題を抱えています。

お金を出して購入するかは、現在の状況に応じて考えるべき問題です。

■効果的な美顔器のマッサージ方法

美顔器はただマッサージをするだけでは効果が得られませんし、適当に利用していると逆効果になる場合もあります。

本当に効果のある方法を考えていくことが重要なのですが、まずやっておきたいのは、専用のジェルやローションを使うことです。

これによって栄養成分を肌の奥に浸透させることができます。

次に美顔器を当てていくのですが、力強く当てるようなことはしないでください。力を入れると、肌の内側までダメージが行ってしまい、美顔になるどころか肌の状態を悪くしてしまうのです。

力入れず、程良い力で動かすような形で使います。また同じ場所に何度も当てていると、肌に疲れが出てしまい逆効果となります。

正しい使い方は、適度な時間だけ美顔器を当てて、それ以外の時は当てないようにすることです。

余計なことをしないのが、正しい使い方に繋がると考えてください。特に超音波美顔器の場合、同じ場所に当て続けると、肌トラブルが多発して大変なことになります。

肌が白くて綺麗な芸能人は?誰もが憧れる美肌美人

芸能界で活躍している女性には、肌が白くてキレイな方が多いですよね。その中でも、特に美白のイメージが強い女優さんやモデルさん3人について簡単にまとめてみました。

まずは綾瀬はるかさんです。
いつもナチュラルメイクなのに、白くてキメの細かいキレイな肌をしていらっしゃいますよね。

そんな綾瀬さんのスキンケアのコツは、とにかく保湿をしっかりすることなんだそうです。
化粧品をケチることなく、肌にたっぷりと与えることを何よりも心がけているとのことです。

次に平子理沙さんです。
40代であれほどまでハリのあるツヤツヤな肌は女性の憧れですよね。

「アラフォーの星」との呼び声が高い平子さんですが、実はスキンケアにあまり時間をかけていないとのことです。

ただ、天然で肌に優しいオーガニック化粧品を使い、その日の肌の調子に合わせたものを使うようにしているんだそうです。

最後に桃井かおりさんです。
60代であの透明感と潤いのある肌はスゴイとしか言いようがありません。

シミやシワもほとんど目立ちませんし、CMではほぼスッピンに近いメイクで出演していらっしゃいます。

そんな桃井さんがスキンケアで最もこだわっているのは、クレンジングをしっかりすることなんだそうです。

毎晩メイクを完璧に落とすことこそが、肌のダメージを最小限に抑える一番の近道なのかもしれませんね。

■キレイな白い肌には保湿が大切

シミやくすみのない美しい白い肌に憧れて、美白効果を謳っている化粧品を使用しているという女性は決して少なくないでしょう。

しかし、ただ高価な美白化粧品をせっせと使っているだけでは本当の効果は得られません。
美白成分が肌の奥深くまで浸透するためには、まず肌が正常に機能していることが前提となります。

例えば肌が乾燥している状態では、古くなった角質が剥がれずに蓄積され、分厚い角質層が形成されてしまいます。

そんな状態の肌にどれだけ効果のある美白化粧品を使っても、肌表面に留まったままで層の深部までは吸収されていきません。

そのため、美白ケアを始める前にまず肌の保湿方法を見直す必要があります。
自分の肌質に合わせた化粧水や乳液を選び、肌の水分と油分のバランスを適正に整えるところから始めましょう。

それによって肌のターンオーバーが促されて角質層が柔らかくなり、美白成分が行き届きやすい健康な肌をつくることが可能になります。

美肌になるための洗顔ポイント

洗顔している女性

顔には皮脂はもちろん、化粧の残り、ほこり、ダニなど、ありとあらゆる汚れがついています。
それらが毛穴に詰まってしまうと炎症を起こし、赤みが出たり、栓が毛穴を塞いだり…

「美肌は七難隠す」と言われているほど、白く明るい美肌でいることは美人への近道です!
そのためにはまず、汚れを落とすことが一番。
きれいな手ときれいな水で、洗顔の準備をしましょう。

また、顔の皮はとっても薄く、敏感です。
ごしごしこすると冬ならすぐがさがさになってしまいますので、
お皿洗いのようなゴシゴシするイメージではなく、
毛穴の汚れを浮かして、洗い流すイメージで、洗顔料はよく泡立ててから使用しましょう。

手で泡立てるのが苦手、面倒だという人は泡立てネットがお勧めです。
すぐに泡立ちます!

あとは特に汚れが残りやすい、鼻の横や髪の生え際は特に丁寧に洗いましょう。
実は大事なのはイメージだそうです。
汚れをきれいに洗い流していくイメージを頭に思い浮かべながら…

洗い流した後は、きれいになった自分の肌をよく鏡で見て、気持ち的にもアップさせましょう!

■侮れないクレンジング

女性の場合、汚れのほとんどは化粧の残りカスといっても過言ではないでしょう。
疲れて帰ってきて、丁寧にクレンジングして、洗顔して…というのが面倒だと思う人も多いと思います。

しかし、もし化粧を落とさずに次の朝を迎えたら…
その代償は数ヶ月かかると言われています。なぜなら肌の細胞が生まれ変わるにはそれくらいの期間が必要だからです。

どんなに疲れていても、絶対に化粧は落として寝る、と心に強く強く誓うことが
一番のクレンジングポイントなのかもしれません。

クレンジングですが、様々な仕様があります。
最近はお風呂の中でも使えるものが出ていますが、
やはり濡れる前に落としてしまうのが、一番効果があると思います。

オイルはよく化粧品の成分を分解して落としている感じがしますよね。
ただ目に入ってしまったり、うまく伸びないな、と感じる人も多いようです。

そんな人にはジェルタイプのものやクリームタイプがおすすめです。
シートタイプは手軽でいいですが、毛穴からスッキリ洗い流すにはやはり、きちんと水を使うのがよいでしょう。