美肌になるための洗顔ポイント

洗顔している女性

顔には皮脂はもちろん、化粧の残り、ほこり、ダニなど、ありとあらゆる汚れがついています。
それらが毛穴に詰まってしまうと炎症を起こし、赤みが出たり、栓が毛穴を塞いだり…

「美肌は七難隠す」と言われているほど、白く明るい美肌でいることは美人への近道です!
そのためにはまず、汚れを落とすことが一番。
きれいな手ときれいな水で、洗顔の準備をしましょう。

また、顔の皮はとっても薄く、敏感です。
ごしごしこすると冬ならすぐがさがさになってしまいますので、
お皿洗いのようなゴシゴシするイメージではなく、
毛穴の汚れを浮かして、洗い流すイメージで、洗顔料はよく泡立ててから使用しましょう。

手で泡立てるのが苦手、面倒だという人は泡立てネットがお勧めです。
すぐに泡立ちます!

あとは特に汚れが残りやすい、鼻の横や髪の生え際は特に丁寧に洗いましょう。
実は大事なのはイメージだそうです。
汚れをきれいに洗い流していくイメージを頭に思い浮かべながら…

洗い流した後は、きれいになった自分の肌をよく鏡で見て、気持ち的にもアップさせましょう!

■侮れないクレンジング

女性の場合、汚れのほとんどは化粧の残りカスといっても過言ではないでしょう。
疲れて帰ってきて、丁寧にクレンジングして、洗顔して…というのが面倒だと思う人も多いと思います。

しかし、もし化粧を落とさずに次の朝を迎えたら…
その代償は数ヶ月かかると言われています。なぜなら肌の細胞が生まれ変わるにはそれくらいの期間が必要だからです。

どんなに疲れていても、絶対に化粧は落として寝る、と心に強く強く誓うことが
一番のクレンジングポイントなのかもしれません。

クレンジングですが、様々な仕様があります。
最近はお風呂の中でも使えるものが出ていますが、
やはり濡れる前に落としてしまうのが、一番効果があると思います。

オイルはよく化粧品の成分を分解して落としている感じがしますよね。
ただ目に入ってしまったり、うまく伸びないな、と感じる人も多いようです。

そんな人にはジェルタイプのものやクリームタイプがおすすめです。
シートタイプは手軽でいいですが、毛穴からスッキリ洗い流すにはやはり、きちんと水を使うのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>