季節によって違う肌ケアの基礎知識

化粧水

一年中同じスキンケアをしていても、肌を十分に守ることはできません。季節ごとに違うスキンケアを行うことで、正しくスキンケアを行いましょう。

四季それぞれのスキンケア、例えば春におけるスキンケアは、なんといっても花粉から肌を守らなくてはなりません。

そのため、洗顔や手洗いだけでなく、帰宅時にはシャワーを浴びることをオススメします。花粉は目には見えませんが、想像以上に体にまとわりついているもの。しっかりと洗い流しましょう。

次に、最も気をつけなくてはならないのが、夏と冬におけるスキンケアです。夏は紫外線、冬は乾燥と、明確な肌の天敵が存在するため、必ずそれぞれの合わせたスキンケアを行いましょう。

夏は日焼け止めを必ず塗っておき、本格的な夏が始まる前から紫外線に備えておきます。また、冬の乾燥対策は、やはり保湿です。ただ顔を水に付けるだけでなく、内部の角質層も潤いを保つように化粧水などを駆使しましょう。

特に、紫外線をまともに浴びがちな頭(頭皮)は特に気をつけるべきですね。紫外線による乾燥で頭皮がダメージをうけ、汗やアレルゲンなどの刺激で頭皮にかゆみや炎症が起きることがあります。

最後に秋ですが、意外と油断しがちな季節です。夏から冬にかけてスキンケアの移り変わりが難しい時期なので、湿度などを確認しながら臨機応変に対応しましょう。

■気をつけたいお肌とストレスの関係

肌に影響を与える要因として、ストレスは見逃すことができません。スキンケアに気を遣っていても、ストレスが原因で肌が荒れることは十分に考えられるのです。

ストレスが肌に与える影響としては、まずニキビが挙げられます。思春期ニキビとは違い、ストレスなどから発生する大人ニキビは少々厄介で、ストレスを軽減する他ありません。

毛穴も詰まってしまいますし、肌にとっては百害あって一利なしと言えるでしょう。そして、肌のトラブルを呼び込みやすくなるのも、ストレスの影響です。

本来、肌を守る要素としての機能が衰えてしまい、肌の免疫力を弱めてしまうのです。そうなると、紫外線や乾燥の影響を強く受けるようになってしまい、荒れやすい肌の元となるのです。

肌におけるストレスというのは、単にプレッシャーを指すものではありません。睡眠不足から来るストレス、食生活の乱れなど不健康な生活もストレスに含まれるので、内側からの肌への刺激を避けて肌を守りましょう。